top of page
  • 執筆者の写真TELYUKA

「ColorEdgeはアーティストにとっての眼。なくてはならない大事な道具 」:Sfuffle by COMMRECIAL PHOTO

更新日:2023年4月15日

広島で開催されました「脅威のリアリズム」展。TELYUKAとしてSayaの作品が展示されました。凸版印刷のプリンティングディレクター小島勉氏と語った作品制作の詳細や、展示物となったプリント技術、それらの制作を支えたEIZO株式会社のColorEdgeを座談会の様子が記事となって公開されています。

お互いに職人領域の話で盛り上がっていますので、どういった所を着眼点として制作しているのか、あまり普段では見れないような面白い内容となっています。







最新記事

すべて表示

Kommentare


Die Kommentarfunktion wurde abgeschaltet.
bottom of page